おはようございます

映画「ティファニーで朝食を」みました。


昔「ローマの休日」をみて

オードリー・ヘップバーン素敵

と思い、いつかティファニーで~、もみたいなと

思ってました。

「ティファニーで朝食を」

タイトルが素敵ですね

みた結果、この題名にも惹かれ

勝手に思い描いていた映画のイメージとは

ずいぶん違ったなぁと思いました。

たぶん私が、またまた勝手に

ローマの休日のイメージも

引き摺って(ひきずって)いたんだと

感じます。

映画はそれぞれ違うのが当たり前ですが

なんだか引き摺ってました。



私が思ったこの映画のいいところは


①オードリー・ヘップバーン自身が

 やはりとても素敵

 役柄をも超える魅力を感じました。



②映画のラスト辺りで相手役の男性が言うセリフには

 納得してしまいました。

 「そうかこの映画はこれが言いたかったのかも」

 と思いました。

 人間誰もが気づかないうちにはまっている

 可能性があること、をずばっと言われ

 私もハッとさせられました


以上、ご参考まで

今日も素敵な1日を


 

ティファニーで朝食を【Blu-ray】 [ オードリー・ヘプバーン ]

価格:1,500円
(2018/1/10 11:18時点)
感想(4件)

【中古】ティファニーで朝食を <期間限定版>/オードリー・ヘプバーンDVD/洋画クラシック

価格:626円
(2018/1/10 11:43時点)
感想(0件)